© 2019 Yoik and Kiyari Project | Boazu - education

出演者情報

2018年11月11日 (日)13:30- (茅野市民館 - 長野県茅野市)

2018年11月11日 茅野市民館の「ヨイクと木遣」に出演する方達を紹介します。
ヨイクアーティスト:ミッケル・ラスムス・ロイエ、カタリーナ・バルック

​北欧ノルウェーからサーミの声を届けるヨイクアーティスト

  •  ミッケル・ラスムス ・ロイエ   (Mikkel Rausmuss Logje): ノルウェー国立サーミ劇場 

ノルウェー国立サーミ劇場から、ミッケル・ラスムス・ロイエさんをご紹介します。とても優しい笑顔とヨイクの声が魅力です。

ミッケルさんは、ヨイク・アーティストと同時に、サーミ大学大学院でサーミ言語を研究する大学院生。お母様は教育関係のお仕事、お父様はトナカイの放牧をされているそうです。
とても穏やかに、「いまのサーミは、普通に街で暮らす人が多く、トナカイの放牧ばかりをしているわけではありません。むしろ放牧は少数派なんです。その環境の中でも、サーミ語を残していくことが大切だと思い言語の研究をしています。」と、お話してくださいました。

ぜひ、ミッケルさんの暖かいお人柄とヨイクに触れてください。

ミッケル・ラスムス・ロイエさんのハロー・ムービーをご覧ください!

とても暖かいヨイクの生声に注目。ミッケルさんのおばあさまのヨイクを歌ってくださいました。

ノルウェー国立サーミ劇場前にて撮影

​ノルウェー北部のフィンランドとの国境近くの街、カウトケーノにて。9月1日2018年

Your Video Title
  • ​ミッケル・ラスムス・ロイエさんの追加情報

  • カタリーナ・バルック (Katarina Barruk)         : 南サーミ劇場

公式コンサートフライヤーはこちら