© 2019 Yoik and Kiyari Project | Boazu - education

伝統の声が 北欧ノルウェーと長野県諏訪地域をつなぐ

  • Facebook Basic Black
  • Twitter Basic Black
  • Instagram Basic Black

その地ならではの自然、そこで育まれた言葉、歌、習慣、歴史、

守られてきたものが持つ ちから強さと美しさがあります。

一方 日々の変化や進歩の中で 古きものとのバランスは難しい。

私たちにとって 変わらず残すべきものとは何でしょうか。

​特に 将来を担う地方の若者 彼らのお母さん方と考えたい。

これは世界にも通じる 問題意識だとおもいます​。

​そのために このプロジェクトを立ち上げました。

​欧州の北極圏で困難を経て 守られてきたサーミ民族のヨイク。

​諏訪地域の御柱祭を通じて伝えられる木遣(きやり)唄。

遠く8000キロ離れた伝統の声が、

世界で初めて 諏訪で交わる機会をつくります。

​心揺さぶられる声の体験 ぜひ みなさんと共有したいです。

​2018年11月11日、

長野県茅野市でお会いするのを楽しみにしています。

Yoik and Kiyari Project 2018

​プロデューサー 守岡 伸彦

​サーミ・イメージ

Model: Ann Majbritt Eriksen

茅野市木遣保存会